肉の名峰
『肉山』新潟

新潟市/焼肉

生命力あふれる肉の旨み、力強さはまさに「肉の名峰」にふさわしい

現在、入店は半年待ち――そんな並外れた名店が、『肉山』新潟である。
吉祥寺にある『肉山』本店は「肉の名峰」と称され、客が訪れ食すことを「登頂」と呼ぶ。東京の肉好きなら、知名度と人気には納得の店だ。その『肉山』が2016年、新潟にオープン。以来、話題の店となり、予約は尽きない。
『肉山』新潟は本店と同様に、『色んな肉コース』という1メニューのみ。牛や豚、馬などの赤身を塊で、炭火でじっくりと焼き上げて提供する。通常の焼肉店とは異なり自ら肉を焼く必要がなく、肉に合った火加減で、最上の焼き上がりをスライスして目の前に届けてくれる。
特筆すべきは牛肉で、「国内に数%しか出回らない希少な品種、くまもとあか牛です」と服部貴幸店長。「適度な脂肪分を含んだヘルシーな肉質で、飽きずにたくさん食べていただける。噛めば噛むほど味が出る、奥深さのある肉といえます」
実は『肉山』の店名は、創業者の光山英明氏が「くまもとあか牛」に惚れ込み、肉だけを提供するようになったことに由来する。それほどまでに料理人を魅了したあか牛を使用したメニューをイチゼンでは提供する。

『肉山』新潟 店舗イメージ|イチゼン

食べる喜びを、爆発させて

吉祥寺での修業中、常に満席の店内や、次回来訪の約束を取り付けるお客の姿を見て、「感動したし、魅力的に思えた」という服部店長。腹いっぱい食べてほしいからと、時季には猪や鹿、鴨などのジビエも取り交ぜ、味の変化を楽しませる。

  • 『肉山』新潟 店舗イメージ|イチゼン
  • 『肉山』新潟 店舗イメージ|イチゼン

カウンターとわずかなテーブル席という狭小な店。だが、そのプレミアム感は他にないボリュームだ。

料理長 服部貴幸|イチゼン

料理長服部貴幸

1983年、新潟県新潟市生まれ。飲食店にてサービススタッフ、店長を経験ののち、2016年、『肉山』新潟店長。『肉山』での修業で肉の面白さを知り、「1頭1頭、触れば触るほど理解が深まる」と研究に余念がない。「お店の満腹感をそのままお届けしたい」と、イチゼンのメニューには自慢のあか牛を惜しみなく。なかなか店へ足を運べないファンにも喜ばれている。

1983年、新潟県新潟市生まれ。飲食店にてサービススタッフ、店長を経験ののち、2016年、『肉山』新潟店長。『肉山』での修業で肉の面白さを知り、「1頭1頭、触れば触るほど理解が深まる」と研究に余念がない。「お店の満腹感をそのままお届けしたい」と、イチゼンのメニューには自慢のあか牛を惜しみなく。なかなか店へ足を運べないファンにも喜ばれている。

『肉山』新潟の商品

お取り扱い店舗

ミシュラン新潟版掲載、料理マスターズブロンズ賞受賞(2021年)。4代目店主・渡辺大生は地元食材を使用し、生産者との協働で新潟のグルメ界をけん引する料理人の1人。

食通の通う名店、練馬 鳥長。その鳥長から全国初の暖簾分けとなったのが、「練馬 鳥長・新潟」。希少な地鶏を生や焼き、鍋など、多彩なコースに仕立てて提供している。

鮭や筋子、鱈子などの海産物加工の老舗として、160余年の歴史を刻む加島屋。新潟の風土や食文化を次代へと受け継ぐ。イチゼンでは加島屋の幻のメニューを復活。

吉祥寺の『肉山』本店は「肉の名峰」と称され、東京の肉好きには納得の店。その『肉山』が2016年にオープンしたのが『肉山』新潟。以来、話題の店となり予約は尽きない。

ミシュラン新潟版で二ツ星を獲得、無二無三の“新潟鮨”を提供する名店。2代目店主の本間龍史は東京で修業後帰郷し、新潟の魅力を再発見。未だ知られざる美味への探求が、鮨の味に華を添える。

雪国・魚沼の霊峰 八海山の麓で100年4代にわたり行者や参拝者にそばを提供し続けてきた。イチゼンではそばの実に山菜や鴨、酒粕など土地の味をふんだんに掛け合わせたそばの実粥を提供している。

ミシュラン新潟版掲載、料理マスターズブロンズ賞受賞(2021年)。「口に入れた瞬間、幸せになる鮨でありたい」と語るは3代目小林宏輔。新潟の魚に酢や昆布締め、蒸しなどを施し旨みを引き出す。県内外からの訪問客が絶えない。

弥彦山麓に300年の開湯の歴史を紡ぐ、岩室温泉。その霊験あらたかな越後の奥座敷にある髙志の宿 髙島屋は、明治天皇がご小休された歴史と風格を備えたもてなしの宿として通人に好まれている。

東京・王子で店を構えて瞬く間に人気店となった「麵屋坂本01」。休止期間を経て、2019年新潟市に「新潟駅前店」をオープン。ミシュラン新潟版ビブグルマンを獲得し、食への意識が高い男女に支持されている。

ギフトラッピング、送料について ご利用案内
↑ | イチゼン